日々のニュースを追っていると、いろいろあるなあ、と思う。その中で以下の浮気調査に興味を持った。

出入国管理法改正案に伴って、3月名古屋出入国在留管理局の入管施設で、その家族が来日し、その状況の開示(ビデオ)などを求めているが、拒否されている。

以前、大村入国管理センターで収容されている人たちのために日本人の牧師がボランティアとして、収容されている人のために奉仕しているのを、ラジオで聴いたことがある。その人によれば、収容されている部屋は狭く、数人で入っている場合が多く、そこにはトイレもあり、トイレの使用などはほとんど「丸見え」だという。プライバシーもなく、とても基本的人権が守られている状況ではないのは明白だ。